MENU

安い引っ越し業者を簡単に探す方法

できるだけ費用をかけないで引っ越しをしようとすると通常では引っ越し業者の選択を入念に行うと思いますが、本当に安くあげたいのであればそれだけでは不十分です。
なぜなら引っ越し業者の引っ越し費用の基本的なものははっきり言ってどこも似たようなものだからです。よく安いと言われるサカイ引越センター、確かのこの引っ越し業者は平均して安くなっています。
それでいてサービスの十分なので満足いくことが多いでしょう。
もし不安であれば引っ越しの一括見積サイトなどを使って比較するといいかもしれません。

 

しかしなぜサカイ引越センターがここまで安くできるのかということですが、一つには余計なサービスはすべてオプションサービスとし、必要なサービスだけを引っ越しコースとして用意してからなのです。
要するに余計なサービスにまでお金を支払わなくていいということでそれが安さにつながっているようです。
これは何もサカイ引越センターだけでの話ではありません、アート引越センターにしてもクロネコヤマト引越センターにしても日通にしてもそのコースで標準となっているサービスの内容をしっかりと見て、これは必要だ、これは自分たちでやるからいらないな・・・などとサービス内容を分析して、無駄なサービスを受けないで済むコース選択をすることが重要だと思います。
となるとコースやプランが少ないところよりもたくさんのコースやプランが用意され、サービス自体を細かく選べるぐらいのところがいいということなります。

 

これは大手や中規模の引っ越し業者内での選び方ですが、赤帽や地元の小さな引越センターなどでも同じような選び方をする方が安くなりますが、こういったところはコースやプランなどが非常に少なく、選ぶほどない場合があります。
中には引っ越しといえばこれ、といったように決められてしまうこともあります。
そういった時はその引っ越し業者全体のサービス体制を見るといいでしょう。
こういったところは引っ越し料金が安い分、大手のような至れり尽くせりのサービスということにはなりませんが、その企業の範囲内でどれだけできるか、それで今回の引っ越しが十分にできるのかということを考えるといいかもしれません。
よくある落とし穴がそういったサービス内容やコース、プラン設定などをろくに理解もせずに値段だけで決めてしまうパターン、だいたいこういった形で引っ越し業者を選ぶと、あとあと文句が出たり、インターネットの口コミサイトなどに悪い評価を入れることになります。
一括見積サイトなどでいくつかの業者をピックアップし、その中でサービスの内容を徹底的に理解し、そのうえで訪問見積もりなどを行うと比較的安く満足のいく引越しができると思われます。

単身引っ越しで安い業者を探すには?

荷物の少ない単身での引っ越し、比較的楽にできるということで自分で行う方も結構いますが、力のない女性だったり、時間をとることができないという方は引っ越し業者を使って行うこともあるでしょう。
そこで引っ越し料金を知るためにどこかの引っ越し業者で見積もりをとるという行動に出ることになるのですが、その金額を見てびっくりする方も多いのではないでしょうか。
そうです、単身で荷物が少なくても結構な値段となるのです。

 

これはどうしても最低限引っ越し費用として掛かる、トラックのチャーター費用や人件費などの金額があるからなのですが、基本的に家族での引っ越しと比べても割合的に単身での引っ越しの方が高くなってしまいます。
単身パックなる単身引っ越し向けのコースやプランを使ってもその金額なので、これはもうしかたないこととあきらめるしかないのかもしれません。
ただ、単身向けの引っ越しほど、その引っ越し業者の内部事情が金額に現れるものはありません。
なぜなら荷物が少ないということをうまく活用することができる場合があるからです。

 

例えば家族での引っ越しをメインとしている引っ越し業者では、単身で荷物が少なくなってもトラックは必ず1台出しますし、作業員も最低でも3人は必要でしょう。
しかし、宅配業をベースとしているヤマト運輸のクロネコヤマト引越センターでは、この引っ越しだけにトラックを出すことはなく、人員も1人や2人がいいところで引っ越し荷物は宅配の宅急便と同じトラックや他の単身引っ越しの荷物と一緒に運ぶのでコストをかけないで同じ引っ越しができるのです。
ということは、単身引っ越しにあったスタンスで営業している引っ越し業者を選べば、多少なりとも高い引っ越し料金を安くすることができるということです。
それから単身の引っ越しで重要なのは荷物の量、荷物の量を制限する代わりに料金を安くしている単身パックでは少しでも荷物の量がオーバーすると追加料金がかかります。
その追加料金も意外と高いので、自分の荷物の量にあった単身パックを持つ引っ越し業者を選ぶということも必要です。

 

それとこれはちょっとわかりにくい部分なのですが、単身向けの単身パックというものはどの引っ越し業者での行っているということではなく、厳密にいえば単身パックを独立した形でもっているのは100以上もある引っ越し業者の中でほんの数社だけです。
それ以外のところは単身専用ということではなく、単身でもつかえますよ的な単身向けのものであることが多く、それですとどうしても費用が割高になってしまいます。
明確に単身引っ越し用のコースです、とうたっているものを選ぶ方が安く済むことになるでしょう。

長距離で安い引っ越し業者は?

非常に細長い国土を持つ日本では、かなり長い移動距離を持つ引っ越しも多くなります。
引越し業者にとって移動距離というのは引っ越し料金を決める大きな要素であって、この距離が延びれば延びるほど引っ越し料金が高くなります。
これは実際の移動にかかるトラックの燃料費や人員確保ために人経費が多くかかることによるものであって、動かしようのないコストとなってしまっています。
そうなると使う側からすれば高くても仕方がないと思ってしまいますが、中には長距離移動を伴う引っ越しでも比較的安く済ますことができるところもあるのです。
そういった引っ越し業者は大手がほとんどで、アート引越センターやサカイ引越センター、日通やクロネコヤマト引越センターなどがそういった傾向になります。
ではどうして大手の引越センターは長距離でも安く済ませることができるのか。

 

その理由は支店の多さ

皆さんもご存じのとおり、引っ越しというのは荷物をまとめてトラックに積み込んで引っ越し先まで運ぶだけではありません、引っ越し先で運んだ荷物を降ろして家の中に運ばなければいけないのです。
要するに引っ越し元でも引っ越し先でもマンパワーが必要になるということです。
そうなると例えば東京から広島まで引っ越しをしたときに、広島に支店がない引っ越し業者の場合は東京から作業員も一緒に運ばなければならなくなり、その分人員を拘束することから人件費がかかってしまうのです。
この例の場合では宿泊費もかかることでしょう。

 

しかし、広島やその近辺に支店がある引っ越し業者ではわざわざ東京から作業員を連れて行かなくても現地の支店で作業員を調達できるのです、それも通常の勤務時間内でです。
そうなると人員にかかる人件費があまりかからず、引っ越し全体のコストが安くなります。
これが支店の有る・無いで大きく違うところでその違いが引っ越し料金に大きくのしかかってくるということになります。
小さな引っ越し業者でも主要都市であれば支店や営業所を持っている場合もありますが、地方の小さな町などではほとんどないと思った方がいいでしょう。
従って、長距離の場合は大手で支店を各地に持つ引っ越し業者がいいということになります。
具体的にいえば、アート引越センター、サカイ引越センター、日通、クロネコヤマト引越センター、アーク引越センター、ハート引越センターなどがそういった引っ越し業者といえるでしょう。
ちなみに遠く離れた沖縄県に大々的に支店を持つのはアート引越センターとサカイ引越センターだけのようです。

一括見積で安い引っ越しを見つけられる?

引越しを安く上げるには一か所で決めるのではなく、できるだけたくさんの引っ越し業者から見積もりを取り、その見積書を比べて一番安いところを見つけるというのが基本中の基本です。
しかし、たくさんの引っ越し業者で見積もりを取るというのもなかなか難儀なことで、オンライン見積もりだとしても、結構な労力を伴います。
しかし、最近では一括で複数の引っ越し業者の見積もりを取ることができる一括見積サイトなどが作られるようになり、それまで1時間かかって行っていたものがたった5分程度で済ますことができるようになりました。
一括見積サイトでは入力したデータからその引っ越し業者での暫定的な見積額を知ることができます。
このサイトを使う上で大事なことは得られる見積額はあくまでの暫定的なものであるということです。

 

このサイトでは引っ越し費用を決める2つの要素、荷物の量と引っ越し先までの距離を入力し、引っ越し業者側もこのデータを得ることができます。
その際、引っ越し先までの距離はほぼ確実なものといっていいですが、荷物の量というのはこのサイトを使った人の見地でのもので、得てしてそれが正確なデータではありません。
依頼側からすればたくさんあるように見えるが引っ越し業者側からすればたいした量の荷物ではなかったり、こちらからすれば小さなクローゼットも、引っ越し業者側からすると扱いにくく多くのトラックスペースをとるものであったりするのです。
ですので、このサイトで得られた見積額というのは正確ではありません。
正確ではないものでどれが一番安い引越し業者なのかを判断するのは少々危険のような気がします。
一番いいのは、実際に荷物の量を見てもらって、現実味のある見積金額を出してもらう訪問見積もりを行ってから決めることです。

 

実はその訪問見積もりの際に更に引っ越し料金を安くすることができます、要するに値引き交渉ができるということです。
引っ越し料金を安くするのにこの値引き交渉というのは結構需要なもので、この交渉次第では一括見積サイトで得た中で一番安い金額よりもはるかに安くすることができるのです。
引越し業者側からしても営業活動ができるという大きなメリットがありますが依頼者側からしても値引き交渉のチャンスがあるというメリットがあるのです。
ですので一括見積サイトの金額だけで決めるのではなく、必ず訪問見積もりをしたうえでの金額で比較するべきでしょう。
流れとしては一括見積サイトで暫定的な見積金額を引き出し、その中から数社を選択、それらの引っ越し業者に訪問見積もりをお願いして、リアルな見積金額を得てここで初めて一社に絞るという形が良いかと思います。

安い引っ越し業者はどうやって選べばいい?

安い引っ越し業者を選ぶ方法は基本的にはたった一つ、見積もりを取って一番安いところで行うということ以外はありません。
ですので、安い引っ越し業者を見つけるにはとにかく見積もりを取るしかないのです。
ただし、この考え方は金銭的な面だけを取り上げたものであって、これが本来の安い引っ越し業者を選ぶ方法ではありません。
本当に依頼主にとって安い引っ越し業者とはやはりサービス面が充実しており、なおかつ余計にサービスが入っていないものだと思います。
例えば家族で引っ越しをするとします、家族ですので荷物の数はそれなりに多いのですが、お父さんも休みが取れ、子供たちもちょうど長期休みとなっているため荷物の梱包作業などは家族総出で出来るとします。
そういった場合ですと引っ越し業者が行う梱包作業はそれこそタンスとか大型テレビとか大事な壺などといったものだけで後は家族ですべて行うというコースやプランがいいと思います。
しかし、お願いしようとしている引っ越し業者では梱包をやってもやらなくても料金は同じということになっており、逆にいえば自分たちで梱包を行うことが無駄のように思えてしまいます。

 

だからといって他人に家財道具などいじられたくない訳で、自ら梱包をするわけですが、それを行ったからといっても金額に違いがないのであれば、それは損をしていることになるわけです。
それなら他の引っ越し業者で梱包をしない分、安くなるプランを持つところで行った方がいいということになるでしょう。
見積額だけで選ぶとこう行った面で金銭的、労力的に損をすることもありますので、安易に額面だけで選ぶのは止めた方がいいでしょう。
それから見積もりを出すために行う訪問見積もりの時に必ず割引キャンペーンなどが行われていないかどうか確認しましょう。
これは引っ越し業者だけではなく国でもよく行うことがあるのですが、安くなる、あるいはキャッシュバックがあるといった業者側にいわゆるデメリットがあるキャンペーンや特別割引期間などを設定することがありますが、あまり大々的に宣伝することはなく知る人ぞ知るといった状況におかれる割引サービスなどを行っています。
これは業者にもよりますが、だいたいの場合こういった割引サービスを行っていることを言ってきません。

 

依頼者側から言われて初めてそれを適用するといったことをするのがほとんどで、積極的に割引サービスを使わせることはありません。
そのためにも訪問見積もりをお願いするときまでのその引っ越し業者のWebサイトなどを見て、どういった割引サービスを行っているのかを確認しておく必要があります。
もちろんその時に割引サービスの有無で選択するといった判断をしてもいいと思います。
引越しは決して安いものではありません。
高いお金を払っても納得のいくサービスを得られればそれは安く上がったということになりますし、対応や荷物の扱いが悪い引っ越し業者にお願いして、例えそれがどこよりも安い金額で引っ越しすることができたとしてもそれは高い引っ越しになると思います。
要するに引っ越しを安くするためには見積金額と引っ越しの内容のバランスが大事ということになると思います。